Flowers in a natural style by Emi Ochiai

東京世田谷三軒茶屋 Brindille ブランディーユ フラワーアレンジメント スクール生徒募集Brindille

雑誌掲載・スクール生徒募集・イベント開催・出展の案内news

世田谷三軒茶屋 フラワーアレンジメント・スクール ブランディーユの紹介about us

ブランディーユのスクール案内 生徒募集中School

ブランディーユ落合惠美(落合恵美)の本、ポストカード、グリーティングカード、カレンダーの通信販売shopping

ブランディーユの仕事 イベント、書籍・雑誌、ウエディングデコレーションの案内work

ブランディーユの卒業生でパリ在住のYUMIさんコラム インテリア、ガーデン、レストランcolumn

ブランディーユがお薦めのフラワーアレンジメント関連サイトのリンク集links


work_Event
 
Brindilleフランス花研修ツアー2003

2003年9月21日〜28日に催行されたフランスでのフラワーアレンジメントツアー。
今回のツアーではパリ郊外のフォンテーヌブローに滞在した後、パリのモンパルナスにあるアトリエ「Lieu-dit」において、有名デザイナー、アラン・シアンフェラーニ氏のレッスンを受けました。
その他、ランジスの花市場や人気の花店巡りなど、パリスタイルのアレンジを味わって頂ける盛りだくさんの内容となりました。このツアーの詳しい内容をレポートします。

2003年9月21日、台風の影響で1時間遅れの出発ではじまった研修旅行...
けれどもその分を埋め合わせるかのようにフランスでは快晴が続き、花に囲まれた楽しく充実した時間を過ごすことが出来ました。

わたしたちをシャルルドゴール空港に出迎えてくれたのは、日本語がとても上手なフランス人のガイド、ミッシェルさん。彼の説明に導かれてバスでフォンテーヌブローに向かいました。
宿泊先は「Aigle Noir」−黒鷲 という名前のシャトーホテル。どのお部屋にもボルドーやブルーなどテーマカラーがあり居心地も良く、思わずいろんなお部屋をたずね歩いてしまいました。
その日の夜は、街にごはんを食べに行ったり散歩をしたりとそれぞれの時間を過ごしました。

翌日は、広大な森のなかにたたずむフォンテーヌブロー城を見学。皇帝ナポレオンが特に好んだというこの宮殿は、中世から18世紀までの建築様式の移り変わりを見ることが出来る壮麗なたたずまい。モチーフひとつひとつに歴史を感じました。
その後、詩人ジャン・コクトーが晩年を過ごしたことで知られるちいさな村、ミイ・ラ・フォレへ。ここにはコクトーが眠る教会があり、この教会の内壁にはコクトー自身によるハーブの絵などが描かれています。ちなみに私達がひかれたのは写真にある猫の絵でした。
そして、ミレーやルソー、コローらのバルビゾン派と呼ばれる画家達が過ごした村として知られるバルビゾンへ。ミレーのアトリエを保存するミレー記念館に立ち寄りました。

3日目、買い物や景色を楽しみながらパリに向かいました。いよいよ明日はお花のデモンストレーションとレッスンです。

>> Next Page

フォンテーヌブローの「Aigle Noir」 黒鷲がお出迎え ボルドー色の部屋
フォンテーヌブロー城 足を踏み入れるとそこには壮麗な宮殿、そして広い庭がありました
ジャン・コクトーの描いた猫 見上げるしぐさが愛らしくて ミレーのアトリエ